2008年06月30日

BIGHOP ショッピングモール 印西の イタリア料理店 イルトラッキオーネ

BIGHOP ショッピングモール印西の イタリア料理店 イルトラッキオーネに行ってきました。

big080704-7.jpg

このお店は、BIGHOPの駅前ビレッジにあります。
今回は
パスタセット 1,050円(税込み)を注文しました。

big080704-4.jpg

前菜です。普通と言えば普通ですが、レタスが非常に新鮮でした。厚みがあり、パリッとしており、品質も悪くないですね。

big080704-5.jpg

パンです。これはお変わり自由。トーストっぽい食感です。何かの香草が練りこまれていました。

big080704-6.jpg

これがメインディッシュです。本日の自家製生ショートパスタです。
やばい、料理名、なんだったか記録してない。なんだったかなぁ。ベーコンが入ってたのだけど。
まぁ、おいしかったので、良しとしましょう。

1050円で、前菜あり、パンおかわり自由なのは、非常にありがたいですね。写真撮ってないのですが、105円プラスでコーヒーつけられます。ホットはおかわり自由。良いですね。
posted by sunny at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ?
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月29日

BIGHOP ショッピングモール 印西

BIGHOP ショッピングモール 印西なるところに行ってきました。

北総鉄道 印西牧之原駅の近くですね。

big080704.jpg

ここは、アウトレットの店が多く集まっているようです。サイズとか色とか制限されることが多いですが、値段は安いでね。

big080704-3.jpg

こんな観覧車もあります。


以前、軽井沢のアウトレットモールに行ったことがありますが、個人的にはここ、BIGHOPで十分な感じがしました。
posted by sunny at 09:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月23日

中国高速−名神高速−東名高速−首都高 大爆走 高速移動の旅。距離と時間を測定してみた

高速名 PA/SA 到着時刻 出発時刻 累計距離 移動時間 移動距離
中国 院庄IC   10:36 0    
   ▼       0:10 16.1
中国 勝央 10:46 11:02 16.1    
   ▼       1:06 123.0
中国 西宮名塩 12:08 12:33 139.1    
   ▼       1:27 87.9
名神 菩提寺 13:26 14:00 227.0    
   ▼       1:29 147.4
東名 上郷 15.29 15.49 374.4    
   ▼       1:31 151.4
東名 日本平 17:20 17:39  525.8    
0:46 75.9
東名 足柄 18:25 18:36 601.7
0:33 50.2
東名 海老名 19:09 19:50 651.9


以前、こんな記事を書きました。これの逆バージョンですね。

http://l-support.seesaa.net/article/98358023.html

院庄ICから中国自動車道に乗り、ひたすら東へ。といっても、今回は昼間の走行です。前回の西行きは夜間走行なので、少し勝手が異なります。

まず、いきなり勝央PAで停車です。
これは主としてガソリン補給ですね。ここには、DogRunなる施設がありました。どうも、犬を放す場所のようです。
080622-1.jpg

続いて、西宮名塩。ここは西行きのときも止まったところですね。
そして、菩提寺。このあたり、比較的短期間でPA/SAに止まっています。子供がいると昼間は飽きるみたいですね。結果的にこの後もおおよそこのペースで止まっています。
続きまして、上郷。ここは写真を載せておきます。
080622-2.jpg
なぜ、写真を載せたのか。旗を良く見てください。赤福です。何でもうわさでは、当時、販売再開で名古屋駅でも入手できないような状況になっていたらしいのですが、ここには売ってました。珍しいので購入してしまいました。
あとは、日本平、足柄、海老名の王道コースで東行きしました。

予想していたよりは疲れなかったなというのが、個人的な印象です。またやってみても良いかもと思ったりしています。
posted by sunny at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月22日

サバメシ?

サバメシなるものを作ってみました。
こんなやつです。
http://blogs.yahoo.co.jp/cyaucyau31/21174690.html


まず、350mlのアルミ缶2つを用意します。片方がコンロ、片方が飯ごうみたいなイメージです。
写真では、左がコンロ、右が飯ごうです。両方とも上ふたは切り抜きます。コンロは缶の横の下2箇所、上2箇所に空気穴を作ります。

saba080621.jpg

saba080621-2.jpg


飯ごうの方に米0.8合を入れ、水180mlを入れ、アルミホイルでふたをします。写真のように、缶の周りをしっかりとふさぐようにします。写真は両方とも飯ごう用の缶です。今回は、4缶を使って2セットを作っています。

saba080621-3.jpg

コンロ用の缶の上に飯ごう用の缶を載せ、火をかけます。説明が遅くなりましたが、燃料は牛乳パックを使います。1リットルのパック3パックを乾燥させ、横2.5cm、縦6cm程度に切っておきます。
準備が出来たら、後はひたすら炊きます。最初10分は強火、あとの15分は普通火?で炊き上げます。この作業は、結構煙が出て、ちょっと大変ですががんばりましょう。
火をくべるの手作業です。軍手が必須です。

さて、25分後、こんな感じで炊き上がりました。

saba080621-4.jpg

結構上手に炊けました。やわらかすぎることも無く、芯もなく、見事なものです。缶の下のほうはおこげも出来てます。なかなかものですね。

ちなみに所要時間は、缶の工作、牛乳パックの工作からはじめて2時間程度といったところです。アウトドアのイベントの一つとしてどうでしょう?

 
ちなみにこれが、終了後のコンロの姿

saba080621-5.jpg

posted by sunny at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ?
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月13日

ちまきを作ってみました。5人がかりで3時間 180個だったと思います。

ちまきを作ってみました。
タイトルのとおり、5人がかりで、180個作ります。ただし、具はすでに調理済みです。つつむだけでこのくらいかかりました。

下の写真は包む前の炊き込みご飯の状態です。

080614.jpg

これを、ひたすらつつむ、包む。

包むのは、結構大きな笹の葉です。横幅10数センチ程度はある代物です。炊き込みご飯をこれでくるみ、各自独特の手法で包んでいきます。そして最後にタコ糸で結んで出来上がり。で、包んだ結果が下です。

080614-2.jpg

posted by sunny at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ?
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月12日

レーザー・レーサーとゴールドウイン

SPEEDO社の水着、製水着LZR(レーザーレーサー)が、話題を振りまいています。

北島を始めとし、多くの選手が、LZRを着用して世界記録、日本記録を更新しています。あれだけの差を見せ付けられたら、残念ながら、日本のメーカーは何も言えないですね。

ミズノと個人契約を結んでいる北島も、北京オリンピックではLZRを着用する可能性が高いと思います。

さて、この影で、ゴールドウインの株価が急上昇しているらしいです。なんでも、SPEEDO社とライセンス契約を結んでおり、LZRの購入はゴールドウインからになるようです。また、SPEEDOのロゴの入った水着の製造販売をしているらしいです。LZRは、SPEEDO社の特定工場でしか製造できないので、ゴールドウイン製は無いのですが、普通の水着は製造しているようです。

あとから考えると、株価上昇は読めましたね。なんでこんな簡単なことに気がつかなかったのでしょう・・・
posted by sunny at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月11日

カーボンオフセット

カーボンオフセットという言葉があります。「炭素の相殺」という意味です。経済活動や生活で排出したCO2を、別の方法で削減しましょうと言うことです。削減方法は、CO2排出枠の購入、植林活動などさまざまです。

どうも、今年は、中元にカーボンオフセットの関心が高まっているようです。京急百貨店 上大岡駅前店では、配送時に発生するCO2と同僚のCO2を吸収する植林活動の費用を京急が負担する、というやり方をしているようです。
相殺する方法については、今だ議論の余地が多くあるようですが、それでも、こういうお金の使い方は正しい使い方ではないかと思います。

posted by sunny at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコ
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月10日

北京オリンピック男子バレーボール 予選 日本VS アルゼンチン

日本VSアルゼンチン戦です。

今日勝てば、北京決定です。

第一セットは惜しくもとられてしまいました。しかし、内容は互角ですね。どちらがとってもおかしくない内容でした。

日本のスタメンは予想通り、越川、山本、ごっつ、山村、松本、朝長、津曲です。

今のところ、日本で特に目立った選手はいません。全体的に、まだエンジンがかかっていない感じですね。

これから、まだ調子が上がるのではないでしょうか。
posted by sunny at 20:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


男子バレー 北京オリンピック出場決定。しかもアルゼンチンを倒して。

ついに決まりました。

男子バレーボール 日本代表 北京オリンピック出場決定!!

しかも、世界ランク6位のアルゼンチンを破ってです。

メンタルも強くなりましたね。初戦のイタリア戦は、あと1点で勝てるところまでイタリアを追い詰めつつ、負けてしまいました。

あの試合はまさに、メンタリティで負けたような試合です。いろいろと批判もあったようです。でも、もしかしたら、それが効果を発揮して、以降の5連勝につながったのかもしれません。イタリアに勝っていたら、もしかすると調子の乗ってしまって、イラン戦や韓国戦、オーストラリア戦を落としてたかもしれません。

イタリア戦があったからこそ、今の日本があるともいえると思います。

アルゼンチン戦の5セット目、日本の16点目だったと思います。ごっつのサービスエースがありました。ずっとデュース、しかも、アルゼンチンに先制されては取り返すという、非常に厳しい状態の中で、エンドラインぎりぎりのジャンプサーブを打っています。
よく、あそこで、あのサーブが打てるものだと感心します。あれが勝ちを決めたようなものですね。

そして最後の、荻野のスパイク。ワンタッチを狙った、いぶし銀のスパイクで、北京の切符をもぎ取りました。

バレーボールは、高度に戦略化されたチームスポーツです。なので、MVPを決めるのは、本質的にはナンセンスだと思っていますが、今日は、荻野にMVPをあげたいと思います。

ここまでチームを引っ張り、雰囲気が悪くなると、出てきて立て直す。そして、北京行きを決めるスパイクを決めるなど、大活躍でした。よくやった、荻野!!

ところで、余談ですが、男子バレーって、点数とったら、真ん中に集まって肩を抱き合うじゃないですか。あれって、昔からでしたっけ?



posted by sunny at 00:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月09日

雄気堂々 城山三郎著



http://l-support.seesaa.net/article/94807991.html

これに続いて、同じく城山三郎の雄気堂々を読みました。

これは、渋沢 栄一の生涯を書いた小説です。渋沢栄一は、幕末から明治初期にかけて活躍した経済人です。生まれは血洗島村という片田舎の農家です。

第一国立銀行(現みずほ銀行)、東京ガス、東京海上日動、王子製紙、太平洋セメント、帝国ホテルといった数多くの企業の設立にかかわった人らしいです(私は残念ながら、この本を読むまで、渋沢栄一という人を知りませんでした)。

さて、所感です。
文庫本は、上、下巻に分かれています。感覚的には、上巻が幕末、下巻が維新後という感じでしょうか。渋沢栄一が主人公ですから、幕末の動乱はサラッとしか書いてありません。「竜馬がゆく」を愛読している私としては、この辺りは物足りない感じがしましたが、それはお門違いですね。
一方、岩崎弥太郎の三菱商会との争いは、非常にこまごまと書いてあります。この辺りはさすが経済小説と言われるだけのことはありますね。
などと書いていて気がつきましたが、少し、山崎豊子の小説に似ているところがあるような気がします。「不毛地帯」などがそうですね。
posted by sunny at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月08日

北京オリンピック男子バレーボール 予選。なんとオーストラリアにストレート

北京オリンピック男子バレーボール 予選。なんとオーストラリアにストレート。

驚いたことに、世界ランク11位、強豪オーストラリアに勝ってしまいました。しかも、ストレート。これは非常に大きい。かなり北京に近づきました。

アジア勢では、日本だけが4勝1敗、他は全て2勝3敗もしくはそれ以下です。これで、俄然明日のアルゼンチン戦が面白くなってきました。勝てば 北京決定です。負けても、次のアルジェリア戦はこれまでよりは楽な相手。と言うことは、日本はアルゼンチンに対して、かなり大胆に攻撃していくのではないかと思います。楽しみですね。
順位 チーム 勝ち点 得点率 セット率
1位 イタリア 10 5 - 1.314 7.5
2位 日本 9 4 1 1.095 2.8
3位 アルゼンチン 9 4 1 1.092 2.4
4位 韓国 7 2 3 1.034 0.727
5位 オーストラリア 7 2 3 1.019 0.889
6位 アルジェリア 7 2 3 0.888 0.545
7位 イラン 6 1 4 0.916 0.538
8位 タイ 5 - 5 0.713 0.067
posted by sunny at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月07日

ヤマザキナビスコ 第6節 予想

ヤマザキナビスコ 第6節 予想

最近、時間が無くて、十分な検討が出来ない。今回は、日本代表不在を考慮して予想しました。東京Vのフッキは、個人的には買っているのですが、どうも波があるような気がします。気まぐれなのでしょうか。なんとなく、ヤマザキナビスコカップは乗ってないように見えます。

浦和は代表に取られすぎですね。高原は代表不参加みたいですけど、それでも取られすぎ。これで勝つのはちょっと酷かなと思います。

ホーム ホーム勝ち 引き分け アウェイ勝ち アウェイ
浦和 名古屋
神戸 京都
東京V F東京
磐田 清水
札幌
千葉 川崎F
新潟 横浜FM
大分 大宮
posted by sunny at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月06日

エスティマの燃費 番外編。首都高ー東名ー名神ー中国 高速道路大移動の結果は如何に!?

エスティマの燃費 番外編です。
走行距離のほとんどを高速、しかも渋滞なしで走りきったため、これまでの結果への累計はせずに、単発でデータを載せます。

第一回給油時

走行距離   :435.8Km
ガソリン使用量:31.88L
燃費     :13.67Km/L

第二回給油時

走行距離   :557.8Km
ガソリン使用量:49.61L
燃費     :11.24Km/L

第三回給油時

走行距離   :760.4Km
ガソリン使用量:57.98L
燃費     :13.11Km/L

累計

走行距離   :1754.0Km
ガソリン使用量:139.47L
燃費     :12.58Km/L

高速道路走行だと、累計で12.58Km/Lまで行きました。まぁ、これは一般的な数値かもしれませんね。高速で燃費を気にした走りってどうするのかわかりませんし。
posted by sunny at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | エスティマの燃費
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月05日

エスティマの燃費 その4です。

エスティマの燃費 その4です。


今回は
走行距離   :690.0Km
ガソリン使用量:60.83L
燃費     :11.34Km/L

累計
走行距離   :1249.2Km
ガソリン使用量:116.44L
燃費     :10.73Km/L

なんと11.34Km/L、累計でも、10.73Km/L。どんどん良くなっていきます。
どこまで良くなるのでしょう。
posted by sunny at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | エスティマの燃費
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月04日

ETC深夜割引 割引率と適用条件 パンフレットわかりづらい

NEXCO中日本、東日本、西日本が管理する有料道路で深夜ETC割引をやっています。

簡単に言うと、
ETCを使って入る
午前0時から午後4時までの間に、対象道路を走行する

の、2条件が整えば、約40%割引になります。
東名町田〜中国院庄までは、たしか7900円ぐらいでした。ってことで、割引サービス自体は満足なのですが、NEXCO中日本のパンフレットがわかりにくい。

P1020287-s.JPG

これの、対象になる、ならないの部分をアップにしたのが下の2枚の画像です。 

P1020288-s.JPG

これは、対象になる場合の説明ですが、3つとも、0時から4時の間にトラックが納まっています。これを見ると、この時間帯に入って降りなければならないように見えませんか?

さらに


P1020289-s.JPG

この画像だと、当該時間帯に入っても、4時以降に降りた場合は対象外と言っているように見えませんか?
もしくは、0時前に高速に入ったら、当該時間帯に高速を降りても対象外と言っているように見えませんか?

良く見ると、入り時間と出時間が書いてあるのですが、トラックの絵だけ見て、それを読み取れるか?って話です。
読み取れないと思うんだけど・・・

特に、このパンフをゲットしたのは深夜なので、なおさら良くわかりませんでした。改良希望ですね。
posted by sunny at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月03日

炭酸せんべい

炭酸せんべいです。

080530.jpg

関東以北の方は知らない人も多いかもしれませんが、有馬温泉(兵庫)、宝塚温泉(兵庫)あたりの名産です。

西宮名塩SAで休憩中に発見しました。

もちろんゲットしました。実は、ここ、下りのSAです。後日、同じ高速を逆行するわけですから、そのとき買えばよいのに、あせって下りのときに買ってしまいました。興奮しすぎ?


オススメですよ
posted by sunny at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ?
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月02日

ヤマザキナビスコ 第5節 予想

ヤマザキナビスコ 第5節の予想です。 今回は時間がなくて、あまり検討する余裕がありませんでした・・・。

ホーム ホーム勝ち 引き分け アウェイ勝ち アウェイ
京都     名古屋
神戸     浦和
F東京     清水
磐田     東京V
川崎F     札幌
    千葉
大宮     新潟
大分     横浜FM
posted by sunny at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


2008年06月01日

食糧サミットとバイオ燃料

6月上旬に、「食糧サミット」なるものが開かれるようです。ここで、バイオ燃料政策の見直しを検討する宣言がなされる模様です。

たしかに、バイオ燃料の生産が食糧価格の高騰の一因となっているのはおそらく間違いないわけで、食糧サミット側としては、バイオ燃料の原料や生成量を再検討するように要請することは、至極当然と思います。

個人的には、バイオ燃料の生産は進めるべきだと思っています。化石エネルギーは有限です。さらに、CO2を大気中に排出してしまいます。大気中のCO2濃度の上昇が地球温暖化の一因となるようですが、仮にそうだとしたら、化石燃料の使用は、確実に地球を温暖化させることになります。なぜなら、石油といった形で地中に固定化されたCO2を大気中にばら撒くことになるからです。しかも、大気中にばら撒かれたCO2を効率よく回収するすべはいまのところなさそうです。

したがって、代替エネルギーの開発が急務な訳ですが、今のところそれは原子力しかないのが現状でしょう。原子力は放射性廃棄物が生成されるなど、場合によっては地球温暖化以上の問題を引き起こす可能性を秘めています。個人的には使わなくてすむなら使いたくないところです。

そして今、有力な代替エネルギーとして、バイオ燃料が注目を浴びているのだと思っています。食糧危機を引き起こしては本末転倒になってしまいますが、バランスの良い解決を期待したいところです。
posted by sunny at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


もう、きみには頼まない

久しぶりに、本を読みました。
城山三郎「もう、きみには頼まない」です。ジャンルとしては伝記小説だとか経済小説と呼ぶようです。この本は、石坂泰三の伝記です。石坂泰三は、戦後、労使闘争で倒産の危機にあった東芝の社長となり、東芝を建て直し、その後、経団連会長を6期12年勤め、日本経済の発展に寄与した人のようです。

この本は、ひたすら、石坂泰三のことだけが書かれています。登場人物が何人かいるのですが、彼らの感情や、彼らの視点での記載は全くといって良いほどありません。
かといってつまらないかというとそうではありません。石坂泰三の人となりや考え方、行動は非常によく伝わってきます。戦後の混乱期を建て直して来た人の考え方に触れるという点で、非常に良いと思います。オススメです。私は、とにかく本をたくさん読もうと思いました。



こういった、近代歴史小説?としては、司馬遼太郎、山崎豊子が好きなのですが、彼らの小説とはやはり毛色が異なります。彼らの小説は、いろいろな人が登場し、それぞれの登場人物がそれぞれの感情を持ち、それぞれの役割を演じ、一つ一つのイベントが非常にドラマチックに表現されています。
一方で、「もう、きみには頼まない」は、石坂泰三に焦点を絞り、ひたすら事実を淡々と記述するという感じです。このあたりが異なるのだと思います。これは当然のことで、司馬遼太郎にしても、山崎豊子にしても、小説としてはフィクションです。本書はおそらくノンフィクションです。これが大きな違いです。ただ、司馬遼太郎にしても、山崎豊子にしても、並外れた調査量と、的確な時代認識をベースにしているため、歴史的資料としても非常に高いレベルにあるため、本書と雰囲気が似ているなと感じてしまうのでしょう。
なんとなく、まとまりに欠けてしまいましたが、要するに、上記の著者全てオススメです。

http://nothingiswhatitseems.blog.so-net.ne.jp/2008-03-25
http://diary.cbsquare.net/?eid=806534
posted by sunny at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。