2008年06月10日

男子バレー 北京オリンピック出場決定。しかもアルゼンチンを倒して。

ついに決まりました。

男子バレーボール 日本代表 北京オリンピック出場決定!!

しかも、世界ランク6位のアルゼンチンを破ってです。

メンタルも強くなりましたね。初戦のイタリア戦は、あと1点で勝てるところまでイタリアを追い詰めつつ、負けてしまいました。

あの試合はまさに、メンタリティで負けたような試合です。いろいろと批判もあったようです。でも、もしかしたら、それが効果を発揮して、以降の5連勝につながったのかもしれません。イタリアに勝っていたら、もしかすると調子の乗ってしまって、イラン戦や韓国戦、オーストラリア戦を落としてたかもしれません。

イタリア戦があったからこそ、今の日本があるともいえると思います。

アルゼンチン戦の5セット目、日本の16点目だったと思います。ごっつのサービスエースがありました。ずっとデュース、しかも、アルゼンチンに先制されては取り返すという、非常に厳しい状態の中で、エンドラインぎりぎりのジャンプサーブを打っています。
よく、あそこで、あのサーブが打てるものだと感心します。あれが勝ちを決めたようなものですね。

そして最後の、荻野のスパイク。ワンタッチを狙った、いぶし銀のスパイクで、北京の切符をもぎ取りました。

バレーボールは、高度に戦略化されたチームスポーツです。なので、MVPを決めるのは、本質的にはナンセンスだと思っていますが、今日は、荻野にMVPをあげたいと思います。

ここまでチームを引っ張り、雰囲気が悪くなると、出てきて立て直す。そして、北京行きを決めるスパイクを決めるなど、大活躍でした。よくやった、荻野!!

ところで、余談ですが、男子バレーって、点数とったら、真ん中に集まって肩を抱き合うじゃないですか。あれって、昔からでしたっけ?



posted by sunny at 00:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。


この記事へのコメント
うれしいです。16年ぶりに男子バレーが脚光を浴びている・・・!!!
肩組むのは、いいっすよー。気になるくらいの密着度が、必要なんですよ、ひとつになって気合いで勝つためには。
Posted by モティ at 2008年06月08日 22:29
モティ さん

我慢の期間、長かったですね。バレーは身長が物を言うスポーツですので、日本人では限界か?とか思ったりもしましたが、そうではありませんでしたね。

肩組むのは、たしか、アルゼンチンもやってたような気がします。いや、オーストラリアかな・・・
Posted by l-support at 2008年06月12日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ ← 応援よろしくお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。